景観の魅力を高める高木剪定

強い風が吹いてす~と涼しく(寒く)なりました。

前前々回、街路樹のお話しをしましたが、今回はいろんな高木の剪定について!!

街路樹は公共のものでもあり、街路樹としての機能を十分に活用し、落葉の軽減や支障枝の除去、見通しの良さなどに対処する為に剪定を施しますが、今回は景観をより重視した高木の剪定です!

imgp5561

写真のようにしっかり芽の詰まったレイランディ。 レンガ造りのクラシックな建物に映える存在感のあるシンボルツリーです。 パッと見は充分キレイではありますが、このまま放置しておくと高さや輪郭が崩れて再生に思わぬ時間と手間が必要になってしまいます。

ここは神戸は異人館近くの神戸北野ホテル!  あのフレンチの山口 浩氏が総支配人・総料理長として率いる都市型オーベルジュ! そう、あの神戸北野ホテルです。

山口シェフが拘るクラッシックな佇まいが格式の高さを一層引き立たせています。

神戸北野ホテルはコチラ → http://www.kobe-kitanohotel.co.jp/top/

フランス料理と共に一人ひとりのお客様に最高のおもてなしを!の精神。 さらに神戸北野に訪れる沢山の観光の方々の目にも留まる意匠。エントランス周辺はできるだけキレイにしておかなければなりません。

そこで、定期のメンテナンスということで、少々あばれた枝先を刈り込み整形していきます。

imgp5580

高所作業車に登っての作業になりますが、部分的に作業のし難い場所があったり、現場での苦労も多々あります。

imgp5564

遠めで見えないかもしれませんが、トリマーなど機械を使わず、植木鋏を使っての手刈りです。 向って右側のカーブ。キレイに整形できてきました!

imgp5568

ちょっと寄り道。 このレイランディの前にあるのはオリーブの樹なのですが、ここ神戸北野ホテルの場所には明治時代に国営の神戸オリーブ園があったそうで、そのプレートがここに立てられています。 お近くにお越しの際はご覧ください。

imgp5570

完成です。輪郭を卵形にキレイに整形できました。 続きの作業はありますが、今回は高木のお話ということで、次のところへ!!  ジャンプ

imgp5584

 

 

 

 変わってこちらは、ポートアイランドのその奥、神戸空港島の西の端にある西緑地公園。

imgp5540

防波堤で囲まれた内海と砂浜の景色がプチリゾート感のある公園ですが、ご紹介するのはここではなく、これに隣接する西日本最大級の結婚式場ラヴィマーナ神戸です。

1475827357029

ラヴィマーナ神戸はコチラ  →  https://www.ravimana.com/

ラヴィマーナ 神戸

水と森と海の3つのチャペルを擁し、ヴィラやバンケット、レストランなど併せて9つの会場を持つウェディングリゾート「ラヴィマーナ神戸」!!

建物を取り巻く緑地はバリ島を思わせる花や緑が整備されており、こちらも非日常を感じる空間となっています。

ご覧のように15m~20m級のヤシの樹が建物周りを囲んでおり、青空の下でも、また夕日を背にしてでも絵になる景観が造られています。

imgp5558

この緑地帯を管理させて頂いている中での大きなポイントの一つが、このヤシの樹の剪定です。

高所作業車で昇ってみましょう。

imgp5547

なかなかの高さでしょう! あまり経験することはないかと思いますが、こんな高さの所で作業しています。

もう少し木に寄ってみると・・・・・

imgp5544

下葉の所に枯れが見られます。

・・・九州や近くでは淡路島辺りでは、街路樹にこのヤシの樹が植えられている所がありますが、下葉は枯れていてもそのままの所がわりに見られます。

いろんな都合があっての事でしょうから、否定はしませんが、ここは先にも述べたように、非日常の特別な時間を過ごす場所!

imgp5556

枯れたヤシを見せてはならんのです!(曰くラヴィマーナ担当責任者)

imgp5548

これもやはり利用されるお客様を思ってのこだわりですから、私たちも応えない訳にはいきません。

imgp5549

台風シーズンでもある為、ちょうどよいタイミング。 トゲかあったり、風が少し強かったりと困難な条件はありますが、安全第一で剪定していきます。

 

剪定前と・・・・・

imgp5539

剪定後!!

imgp5557

かなり軽くなりました

 

ご紹介した2つ。 私たちのお仕事は非日常の時間を楽しんで頂く空間を創る、そのお手伝いをさせて頂いている・・・訳ですから、だからこそ信念を持ってしっかりと・・・しっかりとやらなければならない。 そう思う次第です。

そう言えば、以前に投稿した「剪定作業」松の剪定では、高所作業車を使わず、松に登っての剪定をご紹介してました。
・・・ご参考までに!  http://zouen.nirakuen.com/?p=1160

造園業であるので街路樹を初め高木の剪定をする事は日常の事ですが、特に景観の美化が目的となると職人魂に火が着いてしまいます。

剪定という作業。いろいろあるんです・・・!